top of page

ブログ

Blog

パソコンとメガネ

悪徳医者に気をつけろ!適切な大腸内視鏡検査間隔は?

更新日:2023年9月23日



最近、日々、当クリニックでの大腸内視鏡検査の依頼数が増えており、大変名誉な事です。


便潜血陽性から大腸内視鏡をした場合、

治療が必要なポリープが見つかり、

その場で切除摘出術を(大腸ポリペクトミー

と呼びます)を行える場合がしばしばあります。


ポリープを切除後、摘出されたポリープは、回収され、ミクロレベルでの

組織診断を受けます。


顕微鏡🔬で細かく組織検査を行い(病理専門医による診断と言う)、最終的に、摘出されたポリープ内に発癌があるのか、ないのか、有るならば、切除は完全にされているか?などをミクロ レベルで診断されます。



後日、病理診断結果を患者さんに

説明すると決まって質問されるのは、


"今後は、大腸内視鏡はいつ頃

受けたら良いですか?"です。


現在では、専門的研究医らによって

多変量解析されており、各患者さんの受けた

治療内容、すなわちポリープの組織タイプ、大きさ、個数などから、各患者に合わせた

適切なタイミングが示されています。





上図のごとく、

日本消化器内視鏡学会、消化器病学会が

示す国内ポリープ ガイドラインに準じて、

当クリニックでも説明をしております。


周辺地域の消化器内視鏡を行う一部の

クリニックのHPを見てみると、

やみくもなまでに

"毎年、内視鏡を受けましょう"

と誘導宣伝するのは、いかがなものでしょうか?果たして例年内視鏡を受けるのが

有意義である、とするEvidenceがそこにありますか?と、そうした軽薄な医師には問いたい。


非常に遺憾なる気持ちとなります。


専門医を名乗りながら、

全くもってしてデタラメな患者誘導を

しているこれらの内視鏡医師よ、恥を

知れ。と言ってやりたい。そう、そこの貴方ですよ、院長先生!🤨


もしも、車検が今日、終わったばかりの

貴方の車の法定車検をすぐ、3ヶ月後に

また、安全のために念の為にしましょう😜と、

怪しげなディーラー担当者、

サービス工場に言われたら、どう思いますか?


自動車ならば、素人でも、ん?そんなに

頻回にやらなければならないの?と

不審に感じる方は多数出てくるはずですが、


医療については全くの素人である患者さんを

単に短期営利目的に不必要な検査をひたすら

誘導していくある種の悪徳医師には

本当に気をつけなければなりません。


毎年検査を受けて下さい、と即時に

回答した医師に対して


"ポリープ ガイドラインに準じて私の

場合には、どうなりますか?"

と質問してみて下さい。


これに対して、即時に詳細に回答を

して頂けない担当医師には

疑問を感じて下さい。



胃、大腸内視鏡検査は、

個人病態差に合わせて、

メリハリをつけてやれば良いのです。


必ず毎年毎年やらなければいけない症例は

全体の中では案外少ないのです。


どうぞご参考に😌


















閲覧数:80回

最新記事

すべて表示
bottom of page