ブログ

Blog

パソコンとメガネ

病院、クリニックにも寛ぎを

更新日:5月16日




私が病院勤務医時代、いつも嫌だったのは、何処で働いていたとしても、

東京だろうが、他府県だろうが

ロビー、待合室、外来診察室、オペ室、

内視鏡室、当直室、、どこだろうが、

殺風景で、ヒビが入った

冷たいコンクリートの室内空間でした。


毎日毎日、長時間働いていた私は、

それだけでうんざりで、いつも

帰れるわけでもないのに、

"あ〜早く、ウチに帰りたい〜、

家族とご飯食べた〜い"と心の中で

ボヤいていました。


海外のナイスな一流企業をはじめとした

職場のインテリアはとても洗練されて

おり、従業員の、あるいは訪問者の

メンタルヘルスは我が国に比較したら、

格段に良いのでした。




特に老朽化した公立病院の待合室で数時間待たされた上げく、ぶっきらぼうな

担当医師とわずか数分、まるで犯罪者の

ような問診を受ける、、私には

受け入れがたいです。



私は、数十年前から、いつか

自分が開業したら、、知り合いの

家のリビングに通されて、ソファに

座り、家人が戻るまでゆったり読書でも

しながら待つ、、、そんな光景を

夢見てきました。


今、それは達成できそうです。


まずは、待合室のチェアにお掛け下さい。


深呼吸をしてみて下さい。


心が落ちついたら


お悩みの事を、順序よく思い出して

少々お待ちください。


順番がきたら、私に

ゆっくりと、お話しして頂きたい。☺️


私の初診は、3分なんてありえません。


しっかりとお一人、お一人の事情、

病態に合わせて、お時間をとります^_^





閲覧数:33回

最新記事

すべて表示