top of page

ブログ

Blog

パソコンとメガネ

満員御礼2 賢い受診の仕方について2

更新日:1月24日


はい。週末土曜日は、またもや

予約含めた初診が満席となりまして

例のごとく、私は昼飯抜きで

走り抜けました。😂


平日忙しい中、

日帰り手術を希望される方々は、

やはり土曜日で、を一番に希望されます。


土曜日の当日に急に初診に来たいのに、

なぜ、すぐに満席になっちゃうの?

との質問がある方からありました、、


理由としては当クリニックは、

薄利多売を是とする問診5分未満で

何の詳細なる検査もなしに

当てずっぽうな内服薬を出すだけの

医療施設ではないからです。


内視鏡検査治療や、手術適応となる

病態生理を理解して頂く為に

医師からの詳細なる説明、

諸所の手続き(検査、手術承諾書へのサイン)

が必要です。これには、相当な

時間を要しますので流れ作業然とした

前者施設群(単日80-100人規模の外来 

来院数をキープする総合診療科を謳う群)より

担当数はかなり減ります。



弊社理念は、腹部肛門領域の

専門クリニックとして

EBM(Evidence Based Medicine)に基づく

標準治療、高精度な診断治療を

急性期病院同等に行う事です。





内視鏡及び日帰り手術希望第二位は、金曜日。


金曜日に内視鏡、手術をすれば、さらに

土日はゆっくりできる、と考えるのは、、

ある意味、自然ですものね。😉



定年退職、勇退後、あるいは

土日も営業の飲食、エンタメ系の

仕事に従事されている方は、

月、火の日帰りオペを希望される方が

比較的に多いようです。


平日の初診外来は、

ゆっくり、しっかりとご相談

できる枠が相対的に多く残されています。


平日忙しい方ならば、平日はPM7時まで

受け付け可能です。(この時間前に

既に多数の患者さんが待機している場合は、

早くに受付を終了します。)


当日の初診希望においては

既に再診の方が、あるいは

緊急重症例が内視鏡や手術予約を

オーダーし満席となっていた場合、

応需出来ない場合があります。


怪我、火傷、相当に強い腹痛、

下血、肛門痛がある方は、

朝食を抜き、朝一番にご連絡の上、

来院をして下さい。CT,MRI、緊急内視鏡、

緊急手術などを駆使し、

急性期病院同様の高精度診断治療を

行う事が可能となります。


より効率的に当クリニックを

ご利用頂く提案でした。😉












閲覧数:32回

最新記事

すべて表示
bottom of page