top of page

ブログ

Blog

パソコンとメガネ

患者さんからの暖かいコメントありがとうございます

更新日:3月24日






当院の最も得意とする部門である

大腸内視鏡検査治療。



この方は、症状から原因検索をする為、

大腸カメラをしなければならないのを

明確に自覚してご相談においで下さいました。


以前、他施設でのお辛い体験があり、

同一地域には他にも

大腸内視鏡検査をしている病院、

クリニックが多数ある中で、当院を

選択依頼して下さいました。


当院の大腸カメラ操作メソッドは、

国内トップ実績を持つ、大腸肛門専門施設 

横浜 松島病院、千葉 辻仲病院に

院長が若き頃、入門し血滲むような

修練に修練を重ねて培ったもの。


内視鏡ハードウェアは、

オリンパス製スコープを使用します。



それはミュージシャン、ピアノならば、

スタインウェイ、ギターならば、

ギブソン、フェンダーを使用するに

等しいプロの道具となります。





無送気軸保持短縮法、ループ解除法、

と呼ばれる二大操作メソッド双方を

シチュエーションにあわせて適宜駆使し、

同時に複数種類装備した鎮痛剤、

鎮静剤から患者さん個人個人にあわせて、

オーダーメイドで選択、用量セッティング。


こうした複雑なファクター全ての

ブレンドで初めてストレスを最小限に

しうるものです。


他施設では、画一的な検査方法しか

提供していないことがしばしば散見されます。


"ディテール"にとことん"こだわり"抜き、

初めてプロの仕事になります。


貴方が仕事、料理、趣味にも"こだわり"があるタイプの方ならば、当院にきっとマッチすると考えます。



どうぞ、初めての胃カメラ、大腸カメラの

ご相談もお気軽に^_^







閲覧数:52回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page