ブログ

Blog

パソコンとメガネ

一人で思い悩まないで

週末またもや、緊急でお尻の

手術をしました。肛門周囲膿瘍、痔瘻

の症例です。




各患者さんには一定の行動パターンが

認められます。


数ヶ月前、あるいは

数週間前から、

軽微な肛門周辺の違和感、かゆさ

などが出現、家族、知人に相談するのは

やや恥ずかしいのか、1人思い悩みながら

市販薬を使用したりして、

自己民間治療を試みます。月曜日、

火曜日〜木曜日と漫然と過ごすも、

週末を迎える金曜日、土曜日には

急激な痛みへの変化と

肛門周囲の強烈な腫れが出現してきて

辛坊たまらず、当クリニック

初診に駆け込む、、仕事があるから、と、

平日中、ずっと我慢していたが、、もう

辛さは最悪なレベルとなります。


既に内服治療などは効果を期待できず、

ついに、緊急オペしか手段がなくなります。


平日の時間外、あるいは土日は、病院、診療所の医療従事者とて休息は必要です。昼間の通常時間帯の医療従事者マンパワーは、グッと激減し、10分の1以下の人員で夜間時間外労働をしているのです。夜間時間外で、この領域の専門医に診てもらえるチャンスは低くなるのです。

今一度申し上げますが、、

医療は、コンビニとは全く違うのです。


特に痔瘻、肛門周囲膿瘍は、まず、

内部の膿を排出させる第一回目の手術が

必要です。少なくとも

1か月前後時間をかけながら、

膿が排出しきり、組織の炎症が落ち付いて

きたら、やっと痔瘻根治手術の計画を

立てていきます。

つまりトータル二回の手術が必要です。


根治を図るまでに最低でも2,3か月以上を

要します。



あれ?何か変だな?と

思ったら、まずは、速やかに当クリニックへ

気楽に相談に来て下さい。😌



平日中に処理できる問題ならば、

貴方の週末はもっと有意義なものに

なるはずです。😉

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示